FC2ブログ

発表会の写真・CDが出来上がりました♫

 遅ればせながら、在籍中の生徒さんの保護者様へのページを作成させて頂きました。
まずは、先日の発表会ではご協力、お気づかい頂き本当に有難うございました。

 アンケートにはたくさんの感謝のお言葉を頂き、嬉しい限りでした。これからも一層奮起して有意義で楽しいレッスンを心がけたいと思います。  
 
 さて、早速お知らせですが、先々週から発表会の写真とCDをお渡ししてあります。生徒さんの中には、まだレッスンバッグに入ったままのお子さんもいらしたのでご確認お願い致します。

 これから寒い季節に入りますが、ご自愛下さいませ。



スポンサーサイト

EXILEコンサートに行ってきました!

 先週、 長男と一緒にEXILEのコンサートに行ってきました。
私は学生時代から国内外のアーティスト(クラシックからロック、ポップスまで)のコンサートにはよく行っていましたが、EXILEは今回が初参加でした。あのパフォーマンスと舞台演出は圧巻でした!

 長男とは音楽の趣味が似ているので一昨年もVAN HALEN、次男も参加で葉加瀬太郎さんの情熱大陸の野外フェスなど親子で行くのが楽しみです。二人とも社会人なので野外フェスではクーラーBOXにビール、おつまみ持参で朝から晩までいた事も(^^♪

 音楽は世代や言葉の壁無く誰でも一緒に楽しめるものです。
現在、レッスンに来ている生徒さんの1、2歳の兄弟姉妹もリズムの時間は一緒に手拍子したり、おしりを振ってメトノームの動きに合わせてノリノリで参加しています。理屈は関係なく本能なんですね(#^.^#)

 ピアノのレッスンという響きが何だか堅苦しいイメージですが、EXILEのATSUSHIもX-JAPANのYOSHIKIも、もともとはクラシックピアノをしっかり学んできた方々です。それぞれ進むジャンルは違ってもいろんな楽しみ方ができたらいいですよね。
 うちの教室の卒業生の中でも、高校や大学でバンドを組んで楽しんでいる先輩、海外でパティシエの修行にいっている先輩、結婚してお母さんになった先輩・・・みんな楽しめてるといいなぁ(*^_^*)

やっぱり緊張の発表会!

 今年の発表会も悲喜こもごもでしたが、無事に開催する事が出来ました。

自分の好きな曲をどうしても弾きたくて頑張った子、なかなか曲が決まらなくて私が提案した曲を気に入ってもらって演奏してくれた子、緊張のあまり途中で止まってしまったけれど、頑張って最後まで弾き切った子、と色んなドラマがありました。
 かく言う私も舞台が苦手でキラキラ星でさえ人前で弾くと緊張するタイプなんですが^^;

 うちの教室の発表会は基本的にみんな暗譜で基本テキストを進めながら発表会の曲もこなしていくので、なかなか子どもたちには大変な課題になっているかと思います。ただ、親御さんからも子どもたちからも、減らして欲しいとか、簡単にして欲しいといった苦情も弱音も一切なく、当たり前になっているので淡々とこなしてくれました(*^^)v

 以前、息子のママ友から「今、通っている塾の方針が”お子さんのペースに合わせて進めていきます”というキャッチフレーズなんだけど、うちの○○のペースに合わせてたら一向に進まないわ!」と笑って話していたことを思い出しました。

 確かに、理解できていないのに無理に進める事は言語道断ですが、何かを達成させるためには多少の無理は承知で頑張らなければ達成できない!ということを小さいうちに経験することは成長する上で必要なことだと思います。

 判らないところを聞くのは決して恥ずかしい事ではないし、むしろ殆どの場合、判らないところが判らないパターンの方が多いのです。子どもに何かを教える、伝える時、私は小児科の先生だと思って接しています(*^_^*)
 なぜなら、小児科の先生は話が出来ない赤ちゃんや上手く症状を伝える話術がない子どもたちを診察して何処を治せば良くなるのかを判断していくので、それはピアノの先生、塾の先生等、先生と呼ばれている職業に共通した仕事だからだと思っています。
 
 そのうえで、チョット苦いけどよく効く薬なら、頑張って飲んでもらうし、リハビリもしてもらう、という点ではよく似ていますよね。
そういう訳で、普段は萎縮しないようにアイドルの話や学校であった事、冗談も交えながら、ちょっと厳しいことも要求してレッスンしています。子どものペースを作ってあげるのも先生や親に出来ることですから。

発表会まで1週間!

 早いもので発表会まであと1週間となりました。
 今日は近所の楽器店でグランドピアノを借りてレッスンをしてきました。

中学生は定期テストを控えていて両立に大変ですが、頑張っています。
今回中学生は2名参加ですが、一人は昨年6年生から初めてピアノを習い始めて1年半ですが、ソロを2曲、もう一曲は同級生と連弾をします。ピアノ自体も先月やっと88鍵のペダル付を購入したばかりですが、とてもキレイに仕上がってきました。

 もう一人は小学校1年生から習い始めて今年で7年目になります。昨年は千本桜をガンガン?!弾いたので今年はしっとりとショパンのノクターンに挑戦です。なかなか曲のイメージが出来ず細かいニュアンスを表現するのに苦労していました。
 今日やっと3ページ目の表現にとりかかるという時間の無さとの戦いです(ーー゛)
ただ、この曲は一生弾いていて欲しいレパートリーなので、その歳に応じた弾き方で、どんどん進化させていってくれたら嬉しいです。 

その他にもアニメやポピュラーを演奏する子どもたちもリズムを習得するのに苦労していましたが、立派に全員暗譜で課題をクリアしてきました。
 来週はいよいよ本番ですが、みんな元気に実力を発揮できる事を祈っています(*^_^*)





時代の流れに逆らわない!

 最近になって子どもたちを取り巻く環境がまた変化してきました。

①ご両親が共働きが当たり前になりつつある事。
②小学校の教育課程に英語が必修になる一方、他の科目の授業数がまだまだ足りていない事。
③中学受験をする生徒さんが増えてきた事。

 一昔前は、レッスンに親御さんが一緒に参加する例えばヤマハやカワイの幼児科のようなパターンでグループレッスン中心の音楽教室もたくさんありました。(ここに関しては、土日のニーズの方が増えているようです。)
 ただ、平日に家庭学習をしている時間に親が不在という家庭が昔より多いので、実際に子どもが帰宅してからどのような時間の過ごし方をしているかわからないご家庭も増えてきています。
 また学校でも授業時間数が足りていないため、家庭学習に預ける事になりプールや体操、英語、学習塾など、本来学校で教育しなければならない課程を習い事として外へ依頼する形になってきています。

 うちのピアノ教室は忙しい子どもたちが少しでも長く楽しく続けられるように振替制度を設けたり、レッスン時間数を普通のピアノ教室より多く設定してあります。(増設したことで成果がかなり上がってます!)ひとりで自習出来るまでには、小さいお子さんには難しく、やはり時間がかかります。

 また更に内容を(テキスト選びやノウハウ)を研究する事で、より今の時代にあったレッスンが出来るのではないか常々考えています。
最近新たに師を見つけ研究会で全国のピアノの先生との意見交換や講座で勉強しています。すると、まだまだ知らなかった情報をたくさん発見することが出来ました。

 このところ結構有名なアーティストさんの中にも譜読みが出来ない方がたくさんいらっしゃるようで耳コピに近い方法(頭の中で描いたメロディーをパソコンで入力、または相方に譜面を起こしてもらう等)で作曲なさるそうです。
すると普通に譜面から作る曲よりもリズムもコード(伴奏)より複雑になってきています。

 子どもたちがよく耳にする、弾きたがるポピュラー曲は簡単そうに聞こえてしまうのですが、実はクラシックの曲より難しい事が実際に弾いてみると判ります。
それでもやはり耳から入ってきた弾きたい!と思った曲を弾きたいですよね^^;

 そこでこれからは譜面に拘らず弾く(耳コピには耳コピで)練習と譜面を読みながら練習する両方を上手くとり入れる事も現在の忙しい子どもたちには必要なのかなぁと、昭和時代のレッスン(譜読みが出来なければ先に進めない)を受けてきた私も頭を柔らかくしていかなければ!と思うのでありました^^;

本来音楽って楽しめないとね(*^_^*)
 

 
プロフィール

FC2USER646755NHF

Author:FC2USER646755NHF
こんにちは♫
ユキリトミックハウスの
伊藤 由喜子と申します。

一緒に音楽を通して楽しい時間を過ごしましょう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR